女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

忘れておりました!

 

編集の段階でお蔵入りにした、二人の大好きだったページを。

実は、最初の本のタイトルは「女二人旅 40代から始める心の終活」だったのです。

それぞれのご年代の方へ、メッセージが本のところどころで登場する予定でした。

タイトルやページ数の関係で、泣く泣く断念したものです。

このお気に入りのページこそ番外編だわ!

こうしてお蔵入りが表に出るなんて、最高です。

 

お気に入りのページをぜひご覧ください。

 

女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

 

 

 

~40代のあなたへ~

 

A woman does not become interesting until she is over 40.
女は、40を過ぎて始めておもしろくなる。

(ココ・シャネル)

 

 

 

40代、魅力に差がつく分岐点。

今のあなたは魅力的ですか。

毎日いい顔していますか。

目指せ魅力あるいい女!

魅力的な女って・・・「また会いたいな」と思われるひと。

 

女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

 

 

 

~50代のあなたへ~

 

20歳の顔は自然から授かったもの。

30歳の顔は自分の生き様。

だけど50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る

(ココ・シャネル)

 

 

 

50代の今、たくさんの出来事から愛することや許すことを経験されましたか。

遊び心を持っていらっしゃいますか。

音楽・アート・BOOK・Flower・アロマ・旅・お茶の時間、

もしも無くなると世の中が殺伐とするほど大切なものを

暮らしの中で愉しんでいらっしゃいますか。

 

人生は一度きり。

それなら「生まれ変わってもまた自分でいたい」と、

心から思えるような人生を送っていきたい。

 

女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

 

 

 

~60代のあなたへ~

 

人の言うことなんて気にしちゃだめだよ。

「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」

こんなくだらない感情のせいで、

どれだけの人がやりたいこともできずに

死んでいくのだろう。

(ジョン・レノン)

 

 

やりたい事やっていますか。

世間体を気にして、思いを封印していませんか。

やりたいことをやってる人は、自分も楽しみ、人にも喜びを与えてる。

羨ましいくらい艶つやで、魅力的で、いつも笑って話してる。

 

女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

 

 

 

 

~70代のあなたへ~

 

年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。

ひとつは、自分を助ける手。

そして、もうひとつは他人を助ける手。

(オードリー・ヘップバーン)

 

 

 

シンプルに生きる事を楽しむ、70代。

心の中は、今までの知識や経験で溢れてる。

満足したからこそシンプルに生きられる。

ふと見上げると、優しい光で包み込む月のように

あなたの存在が、周りの誰かの癒しになるように

そんな価値ある人で生きていたい。

 

 

女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

 

 

 

~80代のあなたへ~

 

美しい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。

(オードリー・ヘプバーン)

 

 

 

目指せ輝くビンテージ!

鏡の向こうのあなたは、キラキラした瞳ですか?

チャーミングなお口ですか?

ビンテージは、年月を経るほど素敵な味わいが増すもの。

ジーンズや上質なワインのように、

年を重ねるほど値上がりしていくような人に 私もなりたい。

 

女二人旅 バリではじめる心の終活番外編 Vol.2

 

 

 

LINEで送る

作成日:  | 作成者: yumi |  カテゴリー: 心のメモ帳