大正屋 椎葉山荘

こんなところに旅館があるの・・・

嬉野温泉街の中心を抜けて山の方向へどんどん進んでいくと、

大自然に包まれた中に、天然木とガラスのシンプルなデザインが

自然と調和して「大正屋 椎葉山荘」が建っています。

心地よい川のせせらぎと鳥のさえずり。

 

ここから何もない贅沢な時間がゆっくりと流れていきます。

 

大正屋 椎葉山荘

 

お部屋へ案内してもらってからは、後は自然の中でとにかくのんびりしてください、と

いい意味で「ほったらかし」にしてくれます。

 

大学の卒業祝いに昨年は甥と、今年は姪と、なんと2年連続同じ宿で楽しみました。

おまけの母は 大喜びの連続参加です。

お部屋のタイプはいくつかありますが、

1Fは自然豊かな風景で癒される和室、2Fにベットルームのある

メゾネットタイプのお部屋がおすすめ。

 

大正屋 椎葉山荘

大正屋 椎葉山荘

 

なんといっても ここの醍醐味は野趣あふれる露天風呂「しいばの湯」

このお風呂に入ると、自然と一体化した気持ちに。

 

「あ~なんて幸せ・・・」と全身の力が抜け落ちます

 

大正屋 椎葉山荘

 

お風呂から上がって着替えているときすでに、ワクワクが始まっています。

「今日は何飲もうかな~、どんなお料理かな~」気分は右肩上がり。

いつもながらお祝いの気持ちはどこへ行ったやら・・・。

 

お待ちかねの夕食は京風懐石を人数分大皿に盛り、演出も素敵な盛り込み料理です。

 

大正屋 椎葉山荘

大豆の旨みがストレートに伝わる吟醸豆腐

大正屋 椎葉山荘

プリップリの旬のお刺身

大正屋 椎葉山荘

みんなで取り分けていくのでお料理の会話も弾みます。

大正屋 椎葉山荘

 

丁寧にとられた出汁、上品なのにビシッと決まった味付け、なによりも素材の良さが際立っています。

 

大正屋 椎葉山荘

メインが特選ロースのしゃぶしゃぶですが、全員一致でステーキに変更しています。

L1080182

ドレッシングが美味しくて、レシピを教えてもらいました

大正屋 椎葉山荘

お米は嬉野棚田米

大正屋 椎葉山荘

手作りの水菓子で満足度がグンと上がります。

大正屋 椎葉山荘

 

朝食は名物温泉湯豆腐を始め、丁寧に作られたごちそうが並ぶビュッフェスタイル。

パン好きの私も、ここでは絶対こだわりのお米、棚田米でしっかり和食を堪能します。

 

大正屋 椎葉山荘

 

食事のときやロビーでのおもてなしは、心が伝わります。

あえて客室係を置かず、過剰なサービスもない。

いい距離感を保ってくれるのに、また来たい!と思ってしまう・・・

わたしにとって極上のおもてなし。

 

大正屋 椎葉山荘

 

 

温泉旅行というのは、お湯に浸かりに行くだけじゃない。

おいしい空気を吸ったり、海や森の風を感じたり、五感を開いて、

日常では味わえない気持ちのいい刺激を受け取りに行くということだと思っています。

そんな大切な感覚を甥や姪にも感じ取って欲しい。

 

 

椎葉山荘は こちら

 

 

 

 

LINEで送る

作成日:  | 作成者: yumi |  カテゴリー: 旅の記憶 | タグ: