30日のプロヴァンス

~30日のプロヴァンス~ 2015-12 1
2015年4月から1ヶ月 南仏エクス・アン・プロヴァンスで、二人が暮らしました
そこは私たちの予想をはるかに超えた素敵なアパルトマン
アンティーク家具で設えたお部屋は まるでラグジュアリーなホテルさながら
”旅ではなく その土地でちょっと暮らしてみる”
季節とともに移り変わるお花で テーブルを華やかに飾り、毎日マルシェで その土地ならではの美味しい食材を探し料理を作って とことん味わう
その国の人になりきって暮らしてみることで、 日本との違いが分かったり、新しい自分を発見出来たりするのかもしれません
私たちの感じたことを1冊の本に表現してみました
「30日のプロヴァンス」
Amazon(アマゾン)にて発売しております

死ぬまでに行きたいレストラン あつた蓬莱軒

美味しいものを食べるとエネルギーUP!

いつまでも元気でいてもらいたい母と ” 死ぬまでに行きたいレストラン” に

あとどれだけ一緒に行けるかな・・・

食いしん坊yumiらしい親孝行でしょう。

 

実は「最後の晩餐はうなぎで」とみんなに発表しているほど、うなぎ好きの私。

食欲がない日でも、あのうなぎの香ばしーい香りが漂うと話は別です。

ひつまぶしが食べたい一心で、旅先を勝手に名古屋にするという

計画的犯行で、ひつまぶし発祥のお店「あつた蓬莱軒」へ行ったほど。

 

戻って母にその美味しさを、それは熱く語ったのでしょう。

その後テレビでも放映されて、あの香ばしく焼かれた映像を見た母は 思わずごっくん。

「死ぬまでに行ってみたいレストラン」にリスト入りしたそう。

 

死ぬまでに行きたいレストラン あつた蓬莱軒

ということで、昨年行ってまいりましたー。

 

続きを読む

祝福(いのり)の海

「祝福(いのり)の海」という映画、ご存じですか?

 

この映画を知ったのは、友人宅での上映会に誘われたのがきっかけでした。

彼女が企画する事だから、きっと素敵な映画なんだろうなぁ・・・

 

そんな軽い気持ちで出かけたのに、映画を見終った後、あとからあとから感動の波が押し寄せてきて・・・

自分とはいったい何者で、どこから来てどこに帰っていくのか、そんな問いを投げかけられているかのようでした。

 

祝福の海 2017-07-01

 

続きを読む

本当のミュシャに出会えた日 (アルフォンス・ミュシャ)

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ。

(チェコ語発音ではムハ)と言います。

アール・ヌーヴォーの華やかなアーチの中に描かれた女性は、

美しさをよりいっそう輝かせてくれます。

ミュシャのファンになってから、いつか彼の作品に触れたいと思っていました。

 

彼の集大成は余りの作品の大きさから、ほとんどの人の目に触れることのなかった

幻の傑作と言われる「スラブ叙事詩」

この度国立新美術館で開催されることを知り、何をおいてでも見に行こう!

と楽しみにしていました。

 

私がミュシャが好きになったのは、このお話を知ってから。

今思えばこの絵のストーリーが好きだったのかもしれません。

 

本当のミュシャに出会えた日 (アルフォンス・ミュシャ)

 

続きを読む

贈り物

今年の1月、初めて三男と二人旅に出かけました。

行先は、彼のたっての希望で、韓国のソウル。

なんでも、友達から借りた韓国ドラマにすっかりはまったらしい。

 

行きの機内で、こんな素敵な詩に出会いました。

その詩のタイトルは、「贈り物」

 

贈り物 2017-06-01

 

続きを読む

作成日:  | 作成者: yayoi |  カテゴリー: 心のメモ帳

ちょっと手土産に SAHALE SNACKS(サハレ・スナック)

「これ美味しいから食べてみて。」

と手土産でお持ちすると、男性女性問わず 必ずメールが届きます。

「ホントだ、めちゃくちゃ美味しかった~!」って。

美と健康に敏感な友人から頂いてからというもの、今では手土産にぶら提げて

お伺いするのが、私の定番となっています。

 

始まりは、山登りが好きな2人組みが、アメリカ西海岸の雄大な自然を前に

トレイルスナック(栄養価の高い食品)を食べて、

「もっと美味しいのがあればいいのに!」

と残念に思ったことから。

戻った2人は自分たちのキッチンで、自らスナックを作り始めたそう。

 

そうしてついに出来上がったのが、上質の天然素材にとことんこだわった

100%ナチュラルスナック「SAHALE SNACKS(サハレ・スナック)」です。

 

SAHALE SNACKS(サハレ・スナック) より

 

続きを読む

BOOK AND BED TOKYO ~FYKUOKA~

もし、二日間、自由な時間が出来たら貴方は何をしますか?

 

さぁ、何をしようかな・・・

どこに行こうかな・・・

こんな事考えるだけで、ウキウキしてきませんか?

 

私だったら、絶対ここに行きたい!

こんな本屋さんがあったらいいのになぁ・・・を形にした

BOOK AND BED TOKYO !

 

book and bed tokyo 2017-06-02

続きを読む

お気に入りの道具たち MAWAハンガー 

ある日帰宅してお洋服をハンガーにかけていた時、「そうそう、これがあったわ!」

 

私のクローゼットの中はジャケットはもちろん、襟ぐりの広いシャツやブラウス、

セーターやニット、ストールまで全てハンガーに掛けてるの。と友人に話すと

嬉しいくらい同じ言葉が返ってきます。

「セーター伸びないの? 型崩れしないの? 襟の広いシャツは滑り落ちないの・・・」と。

ならないのよ~!

ちょっと奮発した高級ニットでも、このハンガーにペロンと掛けちゃっています。

 

ドイツのハンガー専門メーカーが製造しているMAWAハンガー。

滑りやすい服でも掛けるとピターっと付いて絶対に落ちてきません。

ジャケットもコートも型崩れなし、セーターを長期間掛けたままでも肩が出ない。

一度使うともう他のハンガーは使えない!という声が続出の人気定番アイテムです。

 

ブティックのオーナーの方や、こだわりの雑貨やさん、

スタイリストさんが口を揃えて推奨されるハンガーです。

 

お気に入りの道具 MAWAハンガー 

 

続きを読む

1 / 6512345...102030...最後▷