30日のプロヴァンス

~30日のプロヴァンス~ 2015-12 1
2015年4月から1ヶ月 南仏エクス・アン・プロヴァンスで、二人が暮らしました
そこは私たちの予想をはるかに超えた素敵なアパルトマン
アンティーク家具で設えたお部屋は まるでラグジュアリーなホテルさながら
”旅ではなく その土地でちょっと暮らしてみる”
季節とともに移り変わるお花で テーブルを華やかに飾り、毎日マルシェで その土地ならではの美味しい食材を探し料理を作って とことん味わう
その国の人になりきって暮らしてみることで、 日本との違いが分かったり、新しい自分を発見出来たりするのかもしれません
私たちの感じたことを1冊の本に表現してみました
「30日のプロヴァンス」
Amazon(アマゾン)にて発売しております

今一番見たい映画 「PK」

貴方は、2009年に公開されたインド映画 「きっと、うまくいく」をご覧になりましたか?

この映画に込められたメッセージ 「All is well」に、前を向いて進んで行く勇気をもらった人は多かったのでは?

 

この度、「きっと、うまくいく」 を撮った監督と主演がタッグを組み、映画を作りました。

その映画のタイトルは 「PK」

 

pk 2016-12-1

続きを読む

愛のしるし

無償の愛・・・と言って まっ先に浮かぶのは “お母さん” ではないでしょうか。

 

オギャーと大きな産声を上げた ”私の赤ちゃん” を抱いた瞬間から、その愛は偉大です。

ある日読んだ、温かくて切なくて、感動の実話

お母さんの深い愛をお届けします

 

愛のしるし

続きを読む

作成日:  | 作成者: yumi |  カテゴリー: 心のメモ帳

グルメの季節 ~セイホウ・オンブラージュ~

yumiちゃんが紹介してくれた 「博多 炊き餃子」、美味しそうでしたね。

早速、行きたいお店のリストに入れました♡

 

さて、本日のブログも前回に引き続き、食べ物のお話しです。

なんていったってグルメの季節ですから!

 

今回は趣向をかえてフレンチレストランをご紹介しましょうね。

ここは、“知る人ぞ知る”というフレンチレストラン 「セイホウ・オンブラージュ」

 

セイホウ・オンブラージュ 2016-11-1

続きを読む

博多 炊き餃子 池田商店

もう何年通っているかな・・・

 

「お勧めの居酒屋さん教えて。」と言われて今までどれだけの方にご紹介したかしら。

水餃子でも焼き餃子でもない、餃子に新風を巻き起こした ”炊き餃子” としてデビューしたお店は、

看板もなく、入り口も分かりにくく、一度は通り過ぎてしまう…

そんな場所にOPENしても噂に火が付いたのはあっという間、

一瞬で予約必須の、連日大賑わいのお店になっていました。

 

”炊き餃子の池田商店” と言われていますが、それだけではありませんよ。

その他のメニューのセンス、味、お値段、ここは絶対外しません。

 

博多 炊き餃子 池田商店

 

続きを読む

柚子のたね

柚子がたくさん出始めましたね。

 

香りが命の柚子。

お料理にちょっと添えるだけで、食欲がグンと増しますよね!

 

先日、道の駅で柚子を買って、柚子ポン酢を作りました。

この柚子ポン酢を作る時に出るのが、大量の種。

 

今日は、母から教えてもらった、ちょっと変わった柚子の種の使い方をお伝えしますね。

 

柚子のたね 2016-11-1

続きを読む

買い替えたくない道具たち(ステンレスボウル&ペッパーミル)

 

我が家には”使わないもの” というのがほとんどありません。

最近は収納スペースにお花やベース、装飾品に占領されて・・・

だから、買うときには 「絶対欲しい?」って再確認します。

 

そういえば昔からそうだったな...

「なんとなくより、1つお気に入りのものを」

このフレーズが私の心の中にありました

10年は当たり前、今では20年以上の働き者もおります。

 

買い替えたくないお気に入りの道具たち (ステンレスボウル&ペッパーミル)  (photographer yumie)

 

続きを読む

“キンカツ” 始めました

“婚活” なら聞いたことあるけど、“キンカツ” って何?

そう思った方は多いでしょうね・・・きっと・・・

 

“キンカツ” のキンは金? それとも・ ・・?

キンカツは、こんな字を書きます。

「菌活」

えーーー!! ますますわからない?

 

キンカツ始めました 2016-11-5
photo credit: jeronimoooooooo Persephone via photopin (license)

続きを読む

1 / 6112345...102030...最後▷