食べるドレッシング ~vol.2~

南仏やイタリアに行くと、必ず買ってくるものがあります。

それは・・・

太陽の恵みをいっぱい浴びた、ドライトマト!

これは、絶対欠かせない!

 

トマトって、産地によって味が違うでしょう。

それが、ドライトマトになると味が凝縮して、更に違いが良くわかるんです。

甘味が強かったり、酸味が強かったり・・・とね。

 

フィレンツェのマーケットに行った折、イタリアの地方毎にあるドライトマトの種類の多さには、びっくりしました。

さすが、トマト王国 イタリア!!

 

最近は、日本でも家庭菜園をされていらっしゃる方は、プチトマトでドライトマトを作られる方が多いと聞いています。

今日は、そんなドライトマトをふんだんに使ったレシピを、ご紹介しますね。

 

食べるドレッシング vpl.2 2017-08-01

 

 

「食べるドレッシング」

 

食べるドレッシング vol.2 2017-08-02

 

(材料)

 

ドライトマト

しめじ   (きのこはお好みで)

エリンギ

舞茸

ニンニク

オリーブオイル

ブラックペッパー

 

食べるドレッシング vol.2 2017-08-03

 

(作り方)

 

1      材料をすべて、荒めのみじん切りにする。

(分量は全て適宜です。)

2     フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを入れて香りをつける。

(オリーブオイルは多めで。)

3     その中に、材料をすべて入れ、しんなりするまで中火でよく炒める。

4     材料によく火が通り、しんなりしてきたら弱火にして、ブラックペッパー、しょうゆ、みりんを 入れよく絡める。

(お味は、甘じょっぱい感じ。)

5     汁がなくなるまで、炒めたら出来上がり。瓶の中に入れて冷蔵庫に保管しましょう。

 

食べるドレッシング vol.2 2017-08-05

 

このドレッシングを、野菜の上にたっぷりかけていただきます。

このドレッシングをかけると、とにかく野菜が極上のおかずに大変身!

汁が無いので、ジャーサラダの野菜のドレッシングにすると最高なんです!

 

そうそう、ジャーサラダといえば・・・一昨年、yumiちゃんと二人でエクス・アン・プロヴァンスで1ヵ月過ごした時の事です。

 

その日は、朝早くに起きて、エクス・アン・プロヴァンスからパリに行く日でした。

一食に命をかけている私達。

列車の中でも美味しい朝食を食べよう!と、前日にジャーサラダと美味しいパンと、フルーツをセットにして、わくわくしながらピクニックセットを作りました。

 

果てしなく続く、緑の大地を眺めながらの朝食は、優雅な時間でした。

旅の思い出は、いつも美味しい記憶とセットになっていますね。

 

食べるドレッシング vol.2 2017-08-04

追記

ドライトマトを買って、日本に持って帰る時の注意点が一つあります。

それは、ドライトマトの匂い問題!

必ず、ジップロックのような口が閉まるタイプの袋をお忘れなく!

 

LINEで送る