kimie’s recipe ~青しそdeまきまき~

今の時期、朝市に行くと夏野菜がたくさん出ていますよね。

目にも鮮やかな野菜から、元気をもらいます。

 

今日は、夏野菜の中でも、大好きなしそを使ったレシピです。

しそがたくさん出回るこの時期だから、たっぷりと作り置きできる母直伝のレシピをご紹介しますね。

 

名付けて、「青しそdeまきまき」

 

超簡単な上に、作り置きできますから、忙しいママには重宝しますよ。

それでは、材料から・・・

 

kimie's recipe  2017-07-01
photo credit: wayneandwax july-2015-056 via photopin (license)
続きを読む

死ぬまでに行きたいレストラン あつた蓬莱軒

美味しいものを食べるとエネルギーUP!

いつまでも元気でいてもらいたい母と ” 死ぬまでに行きたいレストラン” に

あとどれだけ一緒に行けるかな・・・

食いしん坊yumiらしい親孝行でしょう。

 

実は「最後の晩餐はうなぎで」とみんなに発表しているほど、うなぎ好きの私。

食欲がない日でも、あのうなぎの香ばしーい香りが漂うと話は別です。

ひつまぶしが食べたい一心で、旅先を勝手に名古屋にするという

計画的犯行で、ひつまぶし発祥のお店「あつた蓬莱軒」へ行ったほど。

 

戻って母にその美味しさを、それは熱く語ったのでしょう。

その後テレビでも放映されて、あの香ばしく焼かれた映像を見た母は 思わずごっくん。

「死ぬまでに行ってみたいレストラン」にリスト入りしたそう。

 

死ぬまでに行きたいレストラン あつた蓬莱軒

ということで、昨年行ってまいりましたー。

 

続きを読む

祝福(いのり)の海

「祝福(いのり)の海」という映画、ご存じですか?

 

この映画を知ったのは、友人宅での上映会に誘われたのがきっかけでした。

彼女が企画する事だから、きっと素敵な映画なんだろうなぁ・・・

 

そんな軽い気持ちで出かけたのに、映画を見終った後、あとからあとから感動の波が押し寄せてきて・・・

自分とはいったい何者で、どこから来てどこに帰っていくのか、そんな問いを投げかけられているかのようでした。

 

祝福の海 2017-07-01

 

続きを読む

本当のミュシャに出会えた日 (アルフォンス・ミュシャ)

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ。

(チェコ語発音ではムハ)と言います。

アール・ヌーヴォーの華やかなアーチの中に描かれた女性は、

美しさをよりいっそう輝かせてくれます。

ミュシャのファンになってから、いつか彼の作品に触れたいと思っていました。

 

彼の集大成は余りの作品の大きさから、ほとんどの人の目に触れることのなかった

幻の傑作と言われる「スラブ叙事詩」

この度国立新美術館で開催されることを知り、何をおいてでも見に行こう!

と楽しみにしていました。

 

私がミュシャが好きになったのは、このお話を知ってから。

今思えばこの絵のストーリーが好きだったのかもしれません。

 

本当のミュシャに出会えた日 (アルフォンス・ミュシャ)

 

続きを読む