「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2

「女二人旅 プロヴァンス」

張り切って書いたけどあまりのまぬけっぷりに、この本のイメージに合わない

ということになり、お蔵入りとなってしまった記事 「旅のアクシデント」

 

番外編でVol.1を大変お楽しみ頂けたようでしたので、更にVol.2もお楽しみください。

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 


~ひーとりおじさん・ふーたりおじさん・さんにんおじさん~

 

 

私達は、性格がまるで違います。

一人は緩め。 もう一人は、安全対策にぬかりがありません。

相棒はこんな名誉(?)なあだ名をつけてくれました。

その名も、危機管理部長!

ある日、事件は起きました。

その日は、 別行動の日。

思い思いに好きな場所に行き、満喫しました。

 

先に帰ったのは、もちろん危機管理部長。

日頃から安全対策をバ ッチリしているので、この日もアパルトマンの扉の鍵を上下ともガチャリ。

暫くお茶を飲んで相棒を待っていましたが、なかなか帰ってこないので、

先にお風呂に入ることにしたのです。

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 

シャワーを浴びている時、何だか騒がしい音が遠くから聞こえてくるのです。

外の階段の方から男の人の声が・・・

週末はいつもにぎやか、だから今日も気に留めずにおりました。

でも、お風呂から出てみると、扉の方からドリルのような音が聞こえてくるではありませんか。
急いでドアに行くと、なんと男性の声がして、部屋の扉を誰かが壊してる!

恐怖におののきました。

も、も、もしかして、泥棒?まさか強盗!

抜き足差し足・・ ・ 、いざとなれば逃げる用意をして。

「どなたですか・・・」

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 

「ええー!! いたの~??」

ドアの向こうから、なんと相棒の声がするではありませんか。

慌ててドアをあけたら、そこにはそれぞれ違う工具を持ったおじさんが三人と、

相棒がポカーンとした顔で立っていました。

 

そして相棒とおじさん達は顔を見合わせて大笑い。

「鍵を開けてもどうしてもドアが開かないから、「落ち着けー、右に1,2、・・・」

ぶつぶつ言いながらガチャガチャしていたらさ、

上の階の人は週末恒例のパーティーで、ワインを取りに来たムッシュが、

念仏を唱えるように鍵をあける私を見て、

どうしたの?って 聞かれたから訳を話してね。

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 

そしたら、どうしたんだってまた別のムッシュが降りてきてさ。

別の工具を持ってきて開けようとしてくれるけど、どうしても開かないのよ。

そしたら、また別のおじさんがどうしたんだって更に工具を握り締めて降りてきて・・・

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 

三人がかりでドアが開かないから、大家さんに電話して、今まさにドアの鍵を壊すところだったのよ!」

なんと、こんな大騒動に発展していたなんて・・・

 

あとでわかったのですが、二つ鍵をかけたらいけなかったみたい。

危機管理を怠らない性格が禍しました。

お陰で上のファミリーとはすっかり仲良し、テラスでワインを頂く仲に。

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 

後になって、この話しをするとき、必ずこの曲をつ けて歌うんです。

10人のインディアンっていう曲ご存じですか?

それをもじって「ひーとりおじさん・ふーたりおじさん・さんにんおじさん・・・」なんてね。

 

旅には、アクシデントはつきものですよね。

しかし、こんなアクシデント、一生忘れることが出来ません。
今でも思い出すだけで大笑いする二人なのでした。

 

「女二人旅 プロヴァンス」 番外編vol.2 

 

 

LINEで送る